【Book Merke】

みゃーのブックメーカーブログ

超鬼畜ブラック会社を辞めるために、1日1時間の副業で5万円を元手に毎月50万以上ことに成功したブックメーカー投資

バイナリーには致命的欠点がある?ブックメーカー=安定と言われる理由

んにちは、


BM投資家のみゃーです。


今回の記事では、

ブックメーカーバイナリーやFX、

他のモデルとして最も安定して
稼げる最大の強みについて
ご紹介したいと思います!


これは文字通り、

バイナリーなどにはない、

ブックメーカーだからこその強みです。



最近はSNSでも良く

バイナリーが熱い」

って話題を僕も良く見かけます。

f:id:bmakers:20160712175845p:plain



実際にバイナリーをやっている方に
一度お会いさせていただきましたが、

その方いわく稼げるらしいです。


どうやら巷では

「この時に勝てる!」

というのを自動で知らせてくれる


ツールのようなものがあるみたいです。



もしあなたにもそんな案件が
きているのであれば、

是非、

この記事を一度読んでみてから
じっくり考えた上でやるかやらないかの
結論を出してみて欲しいと思います。



話を聞く限りだと、

中々のお値段をすると耳にしました。



そして同時に、


故障して使えなくなってしまう

っていう話もよく聞きます。



いざ100万ぐらいのお金を
身を、心を削る勢いで何とか
捻り出したにも関わらず、


購入して間もなくツールが
バグ・故障を起こしてしまったら…


そのときの精神的ダメージは、

このうえなく大きいですよね。



その点ブックメーカーは、


ツールではないのでそういった故障は
基本的に起こることはないのは勿論、


急に稼げなくなるということもありえません。



基本的に投資ビジネス1本で
生活するのは非常に危険です。


何故かというと、

すぐ稼げる方法=すぐ稼げなくなる方法

だからです。



以前もお話ししましたが、


投資とは、

勝った人間と負けた人間の両方が
いるからこそ成立しております。


ブックメーカーバイナリーもFXも
全て例外ではありません。



勝った人間と負けた人間の
バランスが崩れてしまったとき、

投資ビジネスは終了します。

f:id:bmakers:20160712175948j:plain



バイナリーだけで生活してた人が、

ある日突然バイナリーが使えなくなったら

実際問題結構やばいですよね。



ただ、

今回お話しするブックメーカーの強みは、

この問題をカバーします。




では、

ブックメーカーの魅力とは何かというと、


飽和することがない

という点です。

f:id:bmakers:20160712180037j:plain



もちろん絶対ではありませんが、

バイナリーなどと比較すると、


飽和する可能性は異次元レベルで低いです。


少しくどいですが、


バイナリーなどには備わってない、

ブックメーカーだからこその強みです。




では、

何故飽和することがないのか?

具体的にお話ししようと思います。




まずはそもそも、

何故バイナリーが危険なのかというと、


人口が少ない分、

勝ち負けのバランスが簡単に
崩れてしまう傾向があるからです。




つまり、

勝率が高くなるツールがちょっと
出回っただけでバランスが容易に
崩れてしまい、その結果ツール自体が
すぐに使えなくなります。



勝つ人間と負けた人間のバランス。

バイナリーはそもそも市場が
小さい分、当然ながら簡単に
バランスが崩壊しやすいのです。



その点ブックメーカー


世界中にユーザーがいるため、

多少日本国内で勝つユーザーが
増えたところで問題がないのです。




また、

株式投資等は国の経済や
ニュースの影響をダイレクトに
受けるような性質がありますが、


ブックメーカーはそもそも
金融市場ではなくギャンブル市場なので、

そういった影響を受けることも
基本的にほとんどありません。



まとめますと、

・多少ユーザーが増えても市場が
飽和する可能性は非常に低い

・金融でなくギャンブル市場のため、
世界経済の影響を受けにくい




これが、

ブックメーカーバイナリー等と
比較して安定感が圧倒的に違う、


ブックメーカーならではの
強みということですね。





そもそも僕たちのブックメーカー
使った投資方法はツールを使うことが
一切ありません。



強いていうのであれば、


円高の時に入金し、

円安の時に出金。



これはやった方が資金が多ければ
多い程得をしますよね。




特に最近なんかは円高傾向なので
今のうちにブックメーカーへ入金すると、

後で円安になったときにそれだけで
かなりの利益を得ることができます!



市場の大きさ、飽和する可能性等を
よく考えてみた上で投資ビジネスを
捉えてみるのがいいかと思います。




これは僕が思うにですが、

バイナリーに対して嫌悪感は特に
持ってはいないものの、オススメは
あまりできないですね。


そもそもツール代が相当の値段ですし、

使えなくなった時点で終了なので、


本当に余裕が出てきた時にまだ
市場が飽和していなければ、
やってみるのがいいかと思います!



もしあなたがバイナリーをやろうか
迷っているのであれば、今回の
記事を参考にして頂ければ幸いです。



それでは今回はこの辺で!

最後までお読みいただき
ありがとうございました、