【Book Merke】

みゃーのブックメーカーブログ

超鬼畜ブラック会社を辞めるために、1日1時間の副業で5万円を元手に毎月50万以上ことに成功したブックメーカー投資

ブックメーカーで王道な”アービトラージ”の危険性を暴露!

うも!

ブックメーカー投資家のみゃーです。


突然ですがあなたは

アービトラージ

という言葉をご存知でしょうか?

f:id:bmakers:20160803215149p:plain



恐らくブックメーカーを一度でも
かじった経験のある方は、


一度ぐらいは聞いたことがあるかと思います。


ブックメーカーでは”超”がつくと
いっていいほど王道の投資法です。


アービトラージ

別の言葉で表すと、

裁定取引」とも言います。



具体的な解説をここでしてしまうと
かなり長くなるのでざっくりと話します。




例えばサッカーで

日本とアメリカが試合する場合、


ブックメーカーA社では

日本1.4倍 アメリカ2.1倍

ブックメーカーB社では

日本2.1倍 アメリカ1.4倍


という組み合わせがあったとして


ブックメーカーA社で日本に、
ブックメーカーB社でアメリカに、



どちらが勝っても利益が出るように
Betするのがアービトラージです。



これは確かに、

理論上は勝率100%です。


何が起きてもあなたの資金が
減ることは基本ありません。


ノーゲームになってもお金は
あなたの元へ全額戻ります。



この「アービトラージ」こそ、

王道のブックメーカー投資です。

f:id:bmakers:20160803215254j:plain




ただ、


ちょっとおかしくないです?



勝率100%なら、

もっと多くの日本人もブックメーカー
参入しているはずですし、何よりもっと
大騒ぎになっていると思いませんか?




そう。


理論上は100%のモデルですが、

実際に稼げている人間は少数派

ということです。



理論上100%にも関わらず、

何故でしょう?




それはズバリ、

勝率が理論上100%であって、
再現性は100%ではない


からです。



つまり、

「どっちが勝っても利益が出る」

という組み合わせをそもそも
見つけることができないのです。



何故かというと、

都合の良い組み合わせは基本
数秒でオッズが変動してしまう

というのがデカいです。


自力で見つけるのは不可能
だと言われているうえに、もし
奇跡的に見つけたとしても
Betする前にオッズが変動し、

そのチャンスを逃してしまいます。



勝率100%のユーザーなんて
ブックメーカー側からしたら
完全なる”敵”ですよね。




中には高額でアービトラージ
教えるブックメーカースクール
実は存在したりします。


僕自身も実際に見学したことがあります。



確かに教えていることはまっとうで、
決して間違ったことは言ってないけど
再現性が高いかは別の話です。



それに何より、

アービトラージを用いたブックメーカー投資は
基本的に”ツール”は必要不可欠です。



少し前までは、

実際にツールを利用して、素人でも
安定して稼いでいるユーザーも
ボチボチ点在はしていたのですが、



実は今、

そのツールが使用不可能になる
という現象が起きています。


f:id:bmakers:20160803215357j:plain



ツールが使用不可になったら、

正直アービトラージの理論上100%は
机上の空論になってしまうレベルです。



それぐらい、

人間の力ではアービトラージ
発見するのは難しいです。



むしろ、

ツールを使ってアービトラージ
発見できたとしても、Betする前に
オッズが変動してしまい、

チャンスを逃してしまう。


これが

アービトラージは稼げない」

と言われる理由ですね。




では一体どうすればいいかというと、


結局は自分自身の腕なわけです。

f:id:bmakers:20160803215502j:plain




例えばパチプロの人でも、

ノウハウ・方法論はある程度
確立されているかと思いますが、


その方法論を確立するまでに
様々なトライ&エラーの歴史が
あったはずですし、

教えた瞬間にバリバリ勝てるように
なるとは考えにくいですよね。



僕もブックメーカーを始めたときに
メンターに口ずっぱく言われましたが、


「すぐに稼げる方法=すぐ稼げなくなる方法」

です。



結論、

「ツール」は使わない


これに限ります。



あらゆる物事には方法論・ノウハウが
存在するかとは思いますが、

守破離

この順序を正しく守り、

自分自身のスキルへと昇華させましょう!



そうすることでブックメーカーでも
月収ベースで50万も達成しますし、

ここで培ったスキルはまた違う分野で
応用できるときが必ずきます。



参考にして頂ければ幸いです。


では、今回はこの辺で!

最後までお読みいただき
ありがとうございました!