【Book Merke】
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゃーのブックメーカーブログ

超鬼畜ブラック会社を辞めるために、1日1時間の副業で5万円を元手に毎月50万以上ことに成功したブックメーカー投資

【2017年版】ブックメーカーを始めるにあたって必要なもの。

f:id:bmaker123:20170503175705p:plain

 

最近よく目にするブックメーカー
単なるスポーツギャンブルの胴元と思っていませんか?

 

国内でよく見る宝くじやスポーツ振興くじは30~40%の主催者の利益を確保してから
賭け金を勝利者へ分配するのに対し、

海外ブックメーカーは4~6%の手数料のみを受取り、
その他は全て勝利者へ賭け金を返還しています。

いわゆる、
国内の公営ギャンブルが賭けの胴元なのに対し、
ブックメーカーは両替商などに近い手数料ビジネス
の形をとっており、
それがオッズの高さに反映され、
近年のブックメーカーブームのきっかけとなっています。

似たように見える二つのギャンブルですが、
そもそも全く原理が違っています。
ブックメーカーで賭ける場合には必ずオッズが提示されているのに対し、
国内のスポーツ振興くじを購入する際に、オッズが提示されないのは
そういう理由があるからなのです。

 

 始めるために準備するもの。

まず最初がブックメーカーへの登録ですね。

ブックメーカーを運営している会社は多数ありますが、
有名どころで行くと、以下の6つになります。

・Bet365
・PINNACLE
・William HILL
・1×BET
・NetBet Sport
Marathon Bet

 

他にも有名な会社はありますが、

挙げたらきりがいのでこのくらいにしておきます。

 

では、この中から一つを選んでいくのですが

これからブックメーカを始める人にオススメなのは

「Bet365」になります。

www.bet365.com

 

BET365とは1974年から続く超老舗ブックメーカーで、 現在は、全世界200ヵ国に500万人の顧客がいる と言われている大手メーカーです。
イングランドプレミアリーグ(イギリスのトップリーグ)、ストークシティのユニフォームスポンサーを務めるなど、名実ともに信頼ある大企業です。

 

bet365は感覚的で分かりやすいのサイト構成や、一試合で200通り以上の賭けの種類を提供するなど、どれをとっても文句なしの優良ブックメーカーなのですが、特に有名なのは入金実績のある会員向けのスポーツ放映です。

一度でも入金すればブンデスリーガリーガ・エスパニョーラコパ・イタリアや全豪・全英オープンをはじめとする世界が注目するビッグマッチを永久に無料で視聴することができます。

 

つまり、見た目で判断しやすく

サポートがしっかりしているので信頼できるということですね。

 


お金が絡むことなので、運営の信頼性はとても重要です。

「お金を下ろそうとしたら下ろせない!」
「サポートに連絡したけど、返事が来ない!」

なんて、結構あることなので...

 

まずは、Bet365に登録をしましょう。

 

本人確認の方法

次にやらなくてはいけないのが「本人確認」です。

 

必要書類を用意して運営に提出しましょう。

面倒な作業に思われるかもしれませんが、
これをやらないと、
せっかく稼いだお金を出金することができません!
(何故か入金は本人確認をしなくてもできちゃいます。)

 

必要書類は、
・免許証
・保険証
・住民票
・パスポート
・公共料金の明細書
・クレジットカードの明細書
マイナンバーカード

いずれか2つが必要です。

 

ちなみに、
私はクレジットカードの明細書を送ったら
審査が通らず、面倒なことになったのでオススメしません。

今の所、免許証とパスポートが一番通りやすいです。
(名前が漢字だと通らないことがあるみたいです。)

 

審査をするには、

【Members】→【My Account】→【Know Your Customer】から進みましょう。

英語で何が書いてあるか分からない場合は、
Googleのブラウザを利用して、
翻訳しながら進めましょう。


書類を送ると、だいたい1日でサポートから、
「審査が完了しました!」という内容のメールが届きます。

f:id:bmaker123:20170503182918p:plain

 

*上から2つを選びます。

 

 

入金・出金に必要なもの

 

入金と出金には海外の金融機関に登録する必要があります。
ページに飛ぶと英語ばかりで面倒に思うかもしれませんが、
すっごい簡単なので、サクッと終わらせましょう。

 

①エントロペイ

エントロペイとはプリペイド式のバーチャルクレジットカード(ネットショッピングにのみ使える実体のないカード)です。

エントロペイへはお手持ちのクレジットカードから入金することができます。

https://www.entropay.com/

 

②エコペイズ

エントロペイ経由で入金した資金で得た勝ち金は
エントロペイにのみ出金ができます。

その後はエントロペイ発行のVISAカードでショッピングするもよし、
エントロペイからエコペイズという別の電子マネーへ資金を移し、
ATMから出金することも可能です。

※エントロペイはATM出金ができませんが、
エコペイズはATM出金が可能なデビットカードを発行しています。

エコペイズに関しての詳細は下記のページよりご確認ください。
また、エコペイズ経由でATM出金をお考えの場合、
口座通貨はEURで統一すると最も両替手数料が少なくなるのでおすすめです。

Registration – Secure Paying Online & Direct Deposit Solutions – ecoCard ecoVirtualcard Solutions - ecoPayz Registration



 

まとめ

とりあえず、
ブックメーカーを始めるには、
ブックメーカーへの登録」→「本人認証」→「エコペイズ・エントロペイの登録」→「本人認証」をする必要があります。

 

普通にやればたった1日で済むものですので、
分からないところはネットで調べながら進めてみましょう!

では、最後までお読みいただきありがとうございました!