【Book Merke】
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゃーのブックメーカーブログ

超鬼畜ブラック会社を辞めるために、1日1時間の副業で5万円を元手に毎月50万以上ことに成功したブックメーカー投資

ブックメーカーは社畜でもニートでも絶対に稼げる神様からの贈り物。

f:id:bmaker123:20170516003544j:plain

【業界初】
無敵ブックメーカーツール開発しました。
無料配布中ですので、
気になる方は下のURLからどうぞ!

www.act000.online

楽しくて、
自分に合うことを仕事にできたら?

今日は、
いつもの内容とは違った話をしようと思います。

というのも、
最近はブックメーカー知名度も上がった代わりに、ブックメーカーに対して悪い印象を持った方も増えたように感じているからです。

そんな人たちに、ブックメーカーで生活している僕の考えを伝えたいなと思い、記事を書くことにしました。

仕事をやめて新しい人生を始める

僕の経験になってしまうのですが、
僕の場合、大学を卒業した後に小さな会社に入社し、営業マンとして生活をしていました。しかし、その会社が自殺者も出るほどのブラック企業でした。

そんな会社に僕は3年ほど在籍していましたが、今考えると完全に感覚が狂っていたと思います。最終的にはうつ病を発症して(発症していたのに気づいていなかった)、とうとう会社を退社しました。

そんな、絶望的な時に、友人から教えてもらったブックメーカーで毎月80万ほどの収入を確立し、現在に至ります。

今では、昔からやりたかった仕事をやりながら精神的にとても良好な環境で生活をすることができています。

多分、この記事を読んでいる方の中にも、
「仕事をやめたい」
「本当はやりたい仕事がある」
という考えの方がいらっしゃると思います。

そんな方にこそ、
ブックメーカーで金銭的な問題を全て解決して、自分のやりたいことだけをして、生きてもらいたいと思っています。

お金の問題させなければ、自分の好きな仕事を、稼げようが稼げまいがやることができるんですよね。

ブックメーカーのデメリット

多くの人がブックメーカーのデメリットも知りたいと思っていると思います。僕の2年以上の経験をもとに、ブックメーカーのデメリットも赤裸々に語りたいと思います。

デメリット1:慣れるまでに時間がかかる

ブックメーカーの基本的な情報は、英語がほとんどなので、最初は翻訳機にかけたりする必要があります。そのため、どうしても理解できない言葉があったりで、慣れるまでに時間がかかってしまいます。

ただ、1週間ほど続けていれば、だいたいのシステムも理解できると思うので、「自分のやりたいこと」を原動力に頑張ってもらいたいと思います。

デメリット2:手法を見つけなければならない

僕は毎月80万ほど稼いでいますが、なんとなく気分でBetしているわけではありません。自分の中で、「必ず勝てる方法」というものを明確にルールとして決めているからこそ、安定して利益を出し続けることができるんです。

なので、その手法を見つけることが出来れば、その瞬間から年収1000万を超えることができちゃうってことです。

手法の見つけ方ですが、一番手っ取り早いのが、実際に稼いでいる人から直接指導をしてもらうことですね。

絶対にやってはいけないのが、パッケージ化されているノウハウの購入です。

よく、動画とかPDFとかで販売されているものがありますが、それよりも電話や直接会ってコンサルをしてもらった方が100パーセント良いです。

パッケージだと、詐欺の場合が多いですし、本当に稼いでいるのか確かめられませんからね。直接会って、その人がBetしているところを見せてもらうのが一番安心できますよね?

以上が、僕が考えているデメリットになります。
金銭面をデメリットに上げている人もいますが、最初に5万ほど用意できれば、そのお金を5ヶ月以内に100万にすることは容易にできるはずなので、デメリットにはなり得ないと思います。

そもそも、投資っていうのはそういうものだと思うので・・・

この記事を読んで、もっとブックメーカーで幸せになる人が増えてくれたら嬉しいです!最後までお読みいただきありがとうございました!

【業界初】
無敵ブックメーカーツール開発しました。
無料配布中ですので、
気になる方は下のURLからどうぞ!