【Book Merke】

Miya's BookMaker Blog

ブックメーカー投資やFX、株式などの経験をリアルタイムで報告しながら、新しい情報を共有します!

ブックメーカーで年収1,000万は稼げるのか考えた。

f:id:bmaker123:20181109022944j:plain

こんにちは、Miyaです。

お金を稼ぐ手段はたくさんある中で、世の中の人はそれぞれが選択してそれぞれの手段でお金を稼いでいる。特別な才能や能力、情報を持つというのも手段だけど、一般的には大きく分けて3つくらいあると思う。

1.
自分の時間をお金にするか(時給)
2.
人を使うか(経営)
3.
お金を働かせるか(投資)

1
の方法は、最も多くの人が一番最初に経験するお金を稼ぐ手段で、時間の対価として収入を得ている。これも立派な手段だけど、1馬力だから限界はすぐに来てしまう。

その限界をもっと上げられるのが2の方法だ。一人より二人、二人より三人の方が同じ時間の中での仕事量は増えるからだ。拡大して多くの人の協力を得ていくことで収益は増えていく。

3
の方法にFX,ブックメーカーなど投資運用が入る。お金を動かしお金を働かせるという考え方。お金が増えれば増えるほど収益も比例するので、限界というものが無い。

どれが良いとか悪いとかは無い。しかし、手段によっては収益の限界はほぼ決められてしまっているのが現実。

お金に困っている、生活が苦しい、いろいろしたい事を我慢している、そういう人は多いと思うけど、そう思っていて、1の手段の中にいてもその現状は大きく変わる事は無い。

なぜならどこまでいっても1馬力で時間との対価だからだ。
どんなにフルに働いても1日の時間は24時間で変わらないので、時給×24以上にはならないということ。日給としても同じだ。

それに気付いて、もっと収入を増やしたいと思った人が別の手段の23を学んでいく。

最近はブックメーカーだけの利益で1000万円を超える。これだけ聞くとすごいと思う人もいるかもしれないけど、当たり前で誰でも出来るし、すでに出来ている人もいる。
というのは、自分のブックメーカー手法を教えた人は、月利100%というのは難しくないとイメージ出来るだろうし、それ以上の人も多くいる。
例えば、

・10
万円で月利100%なら1ヶ月で資金は20万円になる。
・100
万円なら200万円。
・1000
万円なら2000万円になるだけ。
・同じ月利100%だ。

だから資金が多くなれば当然同じ利率でも利益が多くなるだけなので、やっている事は同じという事。

このように限界が無いのがこの投資という、お金を働かせる方法になる。
このスキルを身に付ければ、限界を決めるのは自分という事になる。

月に100万円の利益で良いという人なら100万円の資金で100%の利益率で到達だし、1000万円の資金なら10%の利益率で到達する。

金額が増えれば同じ事をして同じ利益率でも利益額は大きくなるだけ。月に1000万円の利益というのは、1日に30数万円ということ。ブックメーカーで100万円の資金で1日3万円稼ぐのは全然難しくない。

それと同じ事をそれより少し大きい資金量でやってるだけ。その気になれば誰でも出来る。

これが半年も立たない5万円から出来るという事を言えば、すごい可能性だと言えるでしょう。

お金を働かせる投資という世界は、スキルを身に付ければそれだけ価値があるということだと真剣に思える。

ある程度の資金量になればそれほど利益率は求める必要も少なくなって、もっと余裕を持ったメンタルで向き合えるし、その結果として、良い結果も出やすくなる。

どうしても資金の少ない人は、早く増やしたい、一気に稼ぎたいと考えて、ギャンブルになったり、ルールから外れたりのトレードをしてしまい、結果として大きく負けるので、慌てず余裕を持って取り組むことが一番早く結果を出せるという事をいつもしつこいくらい伝えている

 

自分をコントロールし、期待値の高いポイントでのトレードのみを淡々とこなしていく事で、誰もが大きな結果を作っていく事が出来るのが投資運用の可能性なので、これを自分に関わる人に伝えていければと思っています。